彼岸花として知られるリコリスの仲間:ダイヤモンドリリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花として知られるリコリスの仲間:ダイヤモンドリリー

彼岸花

彼岸花というと、あまり良いイメージはないかもしれませんが、
彼岸花は大きく分けるとリコリスという花達の仲間で切花としても多くの品種が流通しています。


<スポンサードリンク>

ネリネとかダイアモンドリリーという名前で売られているのがその花達です。
名前にダイアモンドと付いているように、とても美しい花弁を持ち表面は本当にキラキラと輝いているんです。

流通の多くは夏から秋口にかけてですが、ピンクの小振りなネリネは輸入物が多く比較的よく見かけるかと思います。

アレンジする時は特徴的な花の形をしっかりと見せるように、そして、す~っと伸びた茎を強調するように元気よく活けてみてください。
また、リコリスの仲間には花の大きさがスカシユリくらいある品種もあるので、そんな時は百合と同じ扱いでアレンジしてもいいと思います。

注意点としては、下準備の段階で花下のガクの薄皮を取り除いておくといいでしょう。
こうすることで、蕾まで綺麗に咲かせることができます。
花持ちも百合に負けないくらい良い花材です。

補足ですが、普通の彼岸花も切花として飾っても大丈夫です。
毒があるのは根っこの部分ですから・・・ あとは「縁起が悪い」とかいう気持ちの問題だけです。
(しかし、この気持ちの問題が重要であることも確かですので飾る場所や用途には気をつけましょう。)



関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/136-355fc08b

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。