お正月飾りの荒神松とは?(神棚? 仏壇? お墓?)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月飾りの荒神松とは?(神棚? 仏壇? お墓?)

年末になると、花屋さんやスーパーなどで正月飾りの花がたくさん並びます。
その中に「荒神松(コウジンマツ)」というものがあります。



この写真のものは、一番一般的なもののようですが、飾る場所や花材の種類は地方によってまちまちなようです。


<スポンサードリンク>

とりあえず、私の住んでいる静岡県西部の一般的なもので説明すると、飾る場所は神棚、仏壇、お墓から玄関先に門松としても飾られるようです。
私個人の感覚だと、本来は荒神に対する信仰からくるものだと思うのですが、荒神そのものの意味がいまいち解りづらいために、とりあえず荒神松を飾られるのかもしれません。(ウィキペディアでの荒神

さて、肝心の荒神松の中身ですが、これも地方によってのしきたりや習慣のようです。
松竹梅と榊のセットが基本のようですが、私の身近では榊はセットされていません。仏壇やお墓にも使うからかもしれません。神棚に飾る方は榊だけのことも多いようです。

そして、松竹梅のセットの内容も竹の代わりは熊笹を使います。梅は頭梅(ズバイ)と呼ばれる一年物の若い枝を使います。松は雄松(黒松)と雌松(赤松)を一本づつ入れるのが習慣です。



荒神松は正月用の花の中でも特に売り切れになる可能性が高いと思われます。これは、花屋さんとしては、労力の割に利益が薄い商品であることと、スーパーや八百屋さんにも同じ商品が並ぶことから仕入れに積極的でないことがあるのかなぁ と思われます。

予約できるような親しい花屋さんがあれば予約しておいたほうが無難です。
楽天市場の通販の花屋さんでも予約を受け付けていました。
正直、値段が安くてビックリしました。すごくお得です!! 

関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/140-ee81e204

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。