コニファーはクリスマスだけでなく一年を通して便利な花材です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コニファーはクリスマスだけでなく一年を通して便利な花材です。

コニファーとは針葉樹一般のことです。
鉢植えや切花の花材としてはもちろん、この写真のように生垣としてもいろいろな種類が植えられていたりします。

コニファー12-13


<スポンサードリンク>

クリスマスシーズンになるとモミの木はもちろんツリーやリースで使われますが、他にもゴールドクレストなどは鉢植えのままでデコレーションされて売られていることが多いです。

モミの木の他にも、杉やヒノキの仲間がリース作りには欠かれない大事なアイテムです。
リースのベースとして使われる事が多いコニファーは、水切れにも比較的強く、冬場であれば水の心配をしなくてもリースなどの材料として使えるのです。

また、檜風呂などがあるように香りもよく、リラックス効果なども有るのではないでしょうか。だだし、ゴールドクレストなどチクチクと肌を刺激るるので、肌の弱い方はご注意を・・・
(バラの刺も素手で取っている私も、なぜかゴールドクレストだけは苦手で湿疹が出でしまいます…)

切花としてもクリスマス前の11~12月位には比較的需要も多く手に入れやすいかと思います。
モミの木の他に、孔雀ヒバ、セッカンスギ、エンコスギなどがあります。

しかし、年間を通して便利なグリーンの花材なので鉢物で持っていると重宝かもしれません。また、庭をコニファーガーデンにしてしまうのもオモシロイかも…

コニファーガーデン―園主が教える選び方・育て方 (コツのコツシリーズ)コニファーガーデン―園主が教える選び方・育て方 (コツのコツシリーズ)
高橋 護

農山漁村文化協会
売り上げランキング : 138826

Amazonで詳しく見る


関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/145-3a8f856a

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。