花屋さんがそっと教える! 切り花を長持ちさせる簡単な方法


花屋さんがそっと教える! 切り花を長持ちさせる簡単な方法

切り花長持ち

せっかく手に入れた綺麗で可愛い「お花」。 少しでも長く楽しみたいですよね。

家庭にあるものを使って簡単に切り花を長持ちさせる方法をそっと教えちゃいます(^O^)

 by 花屋のオジサン


<スポンサードリンク>

切り花が枯れてしまうのはなぜ?


切り花が枯れてしまう原因は何でしょうか。
答は簡単、「水を吸えなくなるから」です。 あまりにも当たり前ですが、これが一番大きな原因です。

では、なぜ水を吸えなくなるのか?
切り花には根っこはありません。水は切り口の細かい管(導管)から直接吸い上げられます。この導管が詰まってしまったり、つぶれてしまうと水を吸い上げることができなくなってしまいます。

水をこまめに代えて綺麗に保つ


水の汚れは切り花には大敵です。
水を綺麗に保つことは、切り花を長持ちさせる一番の方法です。

水の中に10円玉を入れる方法


なんと、水の中に10円玉を入れておくと切り花を長く楽しむことができます。
これは10円玉から出る金属イオンの作用で、バクテリアなど細菌の繁殖を防ぎ、水が汚れるのを防ぎます。

水に漂白剤を入れる方法


漂白剤の中の塩素には殺菌作用があるため水をきれいに保つのに役立ちます。


切り花を長持ちさせる方法

水の中に砂糖を入れる!?


実は、切り花を長持ちさせるには、きれいな水の他にもうひとつ重要なことがあります。

きれいな水があれば確かに切り花は枯れにくくなりますが、成長させるにはもうひとつ要素が必要です。

それは「栄養」です。

自然の状態と違って充分な光合成ができない切り花には、水に溶かした栄養をあげる必要があります。
人も具合が悪くなって点滴をうったりするのと似ているかもしれません。

水だけで咲かせた花は色が薄くなったり、大きさも小さかったりします。糖分を少しだけ混ぜた水を吸わせてあげると蕾まで綺麗に色づいて咲いてくれます。

市販の切花延命剤(栄養剤)を使う


10円玉や漂白剤で「水をきれいに保ち」、砂糖などの糖分で「栄養を与える」。
この両方をバランスよく専門にやってくれるのが「切り花用の延命剤」です。



お部屋に切り花を欠かさない という方にはオススメです。


より長持ちさせるためにコチラの記事も参考にどうぞ!
水揚げ(水上げ)の基本(フラワーアレンジメントを作る前に・・)
関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/196-e36c4630

QLOOKアクセス解析