造花のアレンジメントを、本物らしく見せる3つの方法!


造花のアレンジメントを、本物らしく見せる3つの方法!

造花を本物らしく見せる方法

造花を使ってアレンジメントを作るとき、”本物の花に見えるようにしたい
と思うのは自然のことでしょう。

では、どうすれば本物っぽいアレンジメントにすることができるでしょう。

上の写真は、以前作った夏用のディスプレイアレンジメントなのですが、
このアレンジメントを作った時のことを思い出しながら、
造花のアレンジメントを、本物に近づける方法をいくつか考えてみました。


<スポンサードリンク>

季節感を統一させる


季節感が統一されていないアレンジメントは、本物っぽくは見えないでしょう。
造花でアレンジメントを作る時に、意外と多い失敗がこれではないでしょうか。

本物の花とは違い、造花は季節でない花でも手に入ります。
作り手が季節を意識して花材を選ばないといけません。

造花のアレンジメントを本物っぽく見せたければ
最低限必要なことだと思います。

”造花のような花”の造花を使う


造花の種類を選ぶときの注意点です。

生花のアレンジメントを見て”造花のように綺麗”という褒め言葉をいただくことがあります。
(実際、この褒め言葉はあまり嬉しいものではないですが…)

では”造花のような花”とはどういう花か?

例えば、上の写真のアレンジメントでいえば、
”アンスリウム”や”モンステラ”がこれにあたります。

また、グリーン(葉物)の造花は本物に近い出来ばえのものが多いので、
グリーンを効果的に使うとアレンジメント全体が本物っぽくなります。

造花のアレンジメントを、本物らしく見せる一番簡単な方法は、
本物と造花の区別がつきにくい花材を選ぶことです。

一本一本に個性をもたせる


造花が本物に見えない理由のひとつは、”個性が無いこと”です。

つまり、造花はどれも同じ形、色、大きさだということ…
(同じ種類の造花を10本買えば10本全て同じ)

これに対して、本物の花(生花)には、ひとつとして同じものはありません。
どれも微妙に違っているはずです。個性があるんです。

では、造花にどうやって個性をもたせるか?

例えば、茎をクシャクシャにまるめてから、もう一度引き伸ばしてみると
少しだけ個性が生まれます。

こまかい花がたくさん付いている種類のものは、
花の並びを入れ替えることで個性が生まれます。
(花や葉など、パーツごとに脱着できるタイプの造花は意外と多いです。)

そこまでしなくても、
花の形を整えたり、茎にシナリをいれて自然なカーブを作ったり…

箱から出した造花をそのまま挿すのはお勧めできません。

あなたの手で、少しだけ造花に命を吹き込んでください(^O^)

関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/204-6f7963a5

QLOOKアクセス解析