フラワーアレンジメントを作るのに大切なのは、いろいろなバランスです


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワーアレンジメントを作るのに大切なのは、いろいろなバランスです

花の配置のバランスだとか空間の見せ方なんてことを少し書いてみました。
私は、お教室の先生でもなければ、お店の経営者でもありません。
あまり偉そうな事は言えないのですが(汗)

少し前の写真ですが、見てみてください。

コチョウランのアレンジ

バランスとれてますか?

<スポンサードリンク>

感じ方は、人それぞれかもしれません。お花に触れているレベルにもよると思います。
参考にして頂けたらうれしいです。

バランスがとれている状態って、一言で言うならば
「やじろべえ」とか「シーソー」がつり合っている状態のことです。

アレンジメントの場合、器やアレンジの中心から前後、左右が
同じ「重み」になっているとバランスが良く見えるはずです。

そして、「重み」を決めるのに幾つかの要素があるんです。

*花の色の重み・・・薄い色より濃い色の方が重いです。 おそらく、黄色が一番重いです。
*花の大きさの重み・・・大きい花ほど重いです。
*花の形の重み・・・線の花より、面の花の方が重いです。
*花の価値の重み・・・おそらく胡蝶蘭やカトレアなど、多くの人が高価だと思う花は重いです。

こんな要素を意識しながら「見た目の重さ」を計りつつ、
「やじろべえ」がつり合うようにしていくと、バランスが良くなります。

なんだか、判りにくい話になってしまいましたね。ゴメンなさい。
やっぱり先生にはなれませんかね(汗)

さっぱり分からん などなど、質問お待ちしています。
お気軽にコメント、メッセージなど下さいませ・・・


関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/22-cc1ca21f

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。