青いバラの花、知ってますか? (花の色の不思議)


青いバラの花、知ってますか? (花の色の不思議)

「青いバラの花ができました。」こんなニュースを少し前に耳にしました。

以前から、青いバラは花の業界では度々話題になっていましたが、青っぽい紫やスプレー塗料で色を着けているものでした。
しかし、今回のそれは、最新のバイオ技術を駆使して開発された、本物の青だそうです。
開発したのは、あの「サントリー」です。


<スポンサードリンク>

もともとは、ビールの酵母の開発にバイオ技術を利用していたのだと思いますが、最近、園芸分野でも「サントリー」の名前は、ブランド化しています。
遺伝子組み換えの大豆などと同じ用な技術のようです。
技術者の研究に対する熱意と頑張りには、本当に感心するばかりです。


今まで無かった物を、生み出すなんて、本当に素晴らしいことだと思いませんか。
でも、新しいものといっても、機械や発明と違って、生き物となると、多少抵抗を感じるのも事実です。

ところで、花の色ってどうして、いろいろあると思いますか?
例えば、牛の目は、白黒しか判別できないようですし、ミツバチも黄色の花しか見えていないらしいです。
にもかかわらず、花の色は、多種多様です。

赤いバラといっても、何種類もあります。通常流通しているだけでも10種類ほどは、あるでしょう。
そして、赤といってもオレンジっぽい赤から、紫がかった赤、なかには、「ブラックティ」なんていう、黒っぽい赤まであります。

花屋の仕事をしていて、よく思うことがあります。
どうして「この子たち」は、こんなに綺麗なんだろう? と、
もしかして、「我々人間を喜ばす為」ではないだろうか。 と、

何かとても傲慢な考えに聞こえるかもしれませんが、花たちを見ていると、素直にそう思えるときがあるのです。
綺麗な花を見たとき、「この花は、私を喜ばす為に、こんなに綺麗に咲いている。」
こんな風に思ってもいいではないですか。


そして、そんな花たちに【ありがとう】すれば、
彼らは、よりいっそう綺麗に咲いてくれる気がするのです。

サントリーの青いバラは、私の勤めている店では、まだ見たことがありませんが、お近くの花屋さんでも注文は出来るかもしれません。
まだまだ、いいお値段がしますが、逆に1本でも存在感があるので、プレゼントする場合には、かえって割安だと思います。 
今、青いバラなら、1本でかっこよくラッピングしてプレゼントするのが、おすすめです。

切花にも【ありがとう】すると長持ちするし、綺麗に咲いてくれますよ!
花屋の私がいうので、本当です。
(あまり、長持ちするのも、商売上は、困るので これを教えるのは、ここだけです。)


★価値ある青いバラ「夢かなう」あの方に!! 送料無料


関連記事



簡単で格安に作れるフラワーアレンジメントの作り方(手軽な花の飾り方)。
お皿にアレンジメント! 食卓にいかがでしょう01 ビー玉を花留めに使ったフラワーアレンジメント00 野の花でシャワーブーケっぽく01 簡単リースアレンジメント02 小花で和風にアレンジメント05
⇒ 他にもあります、簡単レシピ集

私が仕事などで作ったフラワーアレンジメントのポイントや基本を解説。    
晒しミツマタで作った開店祝い用のアレンジメント _010_20110225122013.jpg _002_20110225122014.jpg _031_20110225122049.jpg _027_20110225122050.jpg 30-06-10_1557_20110225122200.jpg
 ⇒ 他にもあります、フラワーアレンジメントの解説記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://flower227.blog.fc2.com/tb.php/28-24577f7f

QLOOKアクセス解析